↑↑画像をクリックすると、申込みフォームが開きます。↑↑
ご予約の前には、こちらの記事もお読み下さい。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
メダロックフェスティバル2011 〜Play For Japan〜

2011年5月21日(土)@渋谷CHELSEA HOTEL
ENTRANCE FREE! (1Drink¥500 / 3Drinks¥1,000)

メタロックvol.5は、伝説のフェス「ギダロック」とコラボ!
出演バンド・タイムテーブルはこちら
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ハッピー・ライジング /MDR81

2010年11月09日

東京裁判レポート!

11月6日(土)、飯田橋SpaceWithでのイベント「東京裁判」に
お越しいただいた方ありがとうございました!
出演者の皆様お疲れ様でした(^-^)

1バンドずつ感想をレポっていきたいと思います!


【1、 A級戦犯ズ】
このイベント主催のしげさんと、ギダさん、岸さんによる3ピースバンド!
リハの段階で思わず「カッコイイ!」とツイートしてしまったほどなので、
ライブ本番のかっこよさは言うまでもありませんでした。流石です!
インタビューでは「30過ぎてブッキングのライブに応募するのは…」なんておっしゃってましたが
イケる!全然イケてるじゃないですか!数回のブッキングから、瞬時に2マンくらい余裕ですよ!
なーんてあまり言うと嘘っぽくなってしまいますが、打ち込みと生ドラムをバランスよく使って
今っぽさと、旧き良きハードロックの気持ちよさを同時に感じられるインストでした。
何よりも、学生時代からずっと一緒にいらっしゃるからこその息の合い方、音のまとまりは
他のバンドには容易に真似できるものではないと思います!
ご出演と主催の両方をこなされたしげさん、本当にありがとうございました。お疲れ様です><

【2、 浴びるほどに飲みたいの】
EGO-WRAPPIN’や東京事変や木村カエラのコピーをされてました。
まず、茉莉姉さんのキーボードが凄い!
「くちばしにチェリー」をコピーしているバンドはいくつか見たことがありましたが、
あの鍵盤をお一人で全て完全再現した方は初めて見ました…!
もちろん他のメンバーさんがたも、書きはじめたらキリがなくなっちゃいます!
コピーバンド経験者ならご存知かと思いますが、J-POPのコピーって下手なメタルバンドより
再現するのがずっと難しいんです。中の人がスタジオミュージシャンだったりするからですね。
でも、私(&こえださん)のなかではとにかく、Vo.ゆみこさんのMCが神懸りすぎて困っちゃいました。
ざわ・・・ってなってる観客の皆様をよそに爆笑する横柄な後輩で、ごめんなさい。修羅場。

【3、 スタイリッシュな犬】
べーさんご夫婦と、Gt.に末吉先輩、Ba.マーチュさんのバンド。
しげさんが付けたというこのバンド名について、MCで「言うほどスタイリッシュじゃない」との
発言がありましたが、めちゃくちゃスタイリッシュなギターロックでした!
今回出演のバンドさんのなかでは、良い意味でもっとも一般ウケしそうに思いました。
奥様めっちゃキュートだし、メンバーの男性陣全員が犬顔のイケメンだし。ってそういうこと!?
初めて聴く感じがしないのは、末吉先輩+マーチュさんという黄金コンビの心地よさに加えて
バンドさん自体にポップスのセンスが溢れてるからだな〜と思いました。
何より、べーさんのタイトなドラムはまったく7年間というブランクを感じさせません!
メタロックにもいつか是非ご出演いただきたいです(^-^)

【4、 グラインド帝王】
ベーシストとしてメタ子も出ました。大盛況ありがとうございましたー!
個人的な感想になってしまいますが、会社のストレスなどでかなり鬱憤が溜まっていたので
破壊衝動やら怒りやらをもう欲望の赴くままに爆発させてしまいました。
結果、覚えたコードは飛び、お聞き苦しいところばかりですいませ〜ん><
でも、バンドとしてのパフォーマンスは今年のグラインド帝王で1番だったんじゃないでしょうか!
尊敬する先輩方の前で中途半端なことはできない!という気概が、
律儀なMIDI SURFERのメンバー5人のなかに充満しておりましたので。
新曲「Brutal India」が思わぬ高評価をいただけて感無量です。
今度こそは「Agriculture of death」って曲が…できるんですかね?グラインドマスター!

【5、 オナ中】
結成10周年を迎えられた、超絶技巧派テクニカルお笑いバンド様です!
今回も腹がよじれるくらい笑わせていただきました。
「技巧で笑いを取る」ためには確かな技術力はもちろん、自信も人望もなくてはなりませんが
オナ中さんには全部あるなぁと改めて思いました。いいなぁ、私もほしいなぁ。
普通なら、10分にも及ぶソロ回しを延々とやられたらお客さんはキレたり飽きたりすると思いますが、
次々と繰り出される技とパフォーマンスの連続にもう笑うしかなくなってしまいます。
ギターソロを弾きながら客席に紛れるとか、ギターとキーボードでソロを両方やったのに歌うとかね!
そしてそんなTMNのお三方の後ろで楽しそうにドラムを叩いていたN浦さんは
「楽しいんちゃうで、あの3人を見てわろてんねんで」っておっしゃってましたけど。そら笑うわ!
オナ中さんは来月のメタロックでもトリでご出演いただきます。楽しみすぎる!!


以上、ちょっとやっつけ感漂うレポですが、ほんとにめちゃくちゃ楽しかったんだからっっ///

今回のイベント出演者のほとんど再登場するメタロックフェスティバルvol.4
12月18日@渋谷STAR LOUNGEで、17時スタート!
見られるチャンスはそうそうありませんので、次こそ絶対に見逃すんじゃないわよ!(^-^)
posted by メタ子 at 18:15| Comment(0) | 出演者情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。