↑↑画像をクリックすると、申込みフォームが開きます。↑↑
ご予約の前には、こちらの記事もお読み下さい。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
メダロックフェスティバル2011 〜Play For Japan〜

2011年5月21日(土)@渋谷CHELSEA HOTEL
ENTRANCE FREE! (1Drink¥500 / 3Drinks¥1,000)

メタロックvol.5は、伝説のフェス「ギダロック」とコラボ!
出演バンド・タイムテーブルはこちら
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ハッピー・ライジング /MDR81

2010年11月09日

東京裁判レポート!

11月6日(土)、飯田橋SpaceWithでのイベント「東京裁判」に
お越しいただいた方ありがとうございました!
出演者の皆様お疲れ様でした(^-^)

1バンドずつ感想をレポっていきたいと思います!


【1、 A級戦犯ズ】
このイベント主催のしげさんと、ギダさん、岸さんによる3ピースバンド!
リハの段階で思わず「カッコイイ!」とツイートしてしまったほどなので、
ライブ本番のかっこよさは言うまでもありませんでした。流石です!
インタビューでは「30過ぎてブッキングのライブに応募するのは…」なんておっしゃってましたが
イケる!全然イケてるじゃないですか!数回のブッキングから、瞬時に2マンくらい余裕ですよ!
なーんてあまり言うと嘘っぽくなってしまいますが、打ち込みと生ドラムをバランスよく使って
今っぽさと、旧き良きハードロックの気持ちよさを同時に感じられるインストでした。
何よりも、学生時代からずっと一緒にいらっしゃるからこその息の合い方、音のまとまりは
他のバンドには容易に真似できるものではないと思います!
ご出演と主催の両方をこなされたしげさん、本当にありがとうございました。お疲れ様です><

【2、 浴びるほどに飲みたいの】
EGO-WRAPPIN’や東京事変や木村カエラのコピーをされてました。
まず、茉莉姉さんのキーボードが凄い!
「くちばしにチェリー」をコピーしているバンドはいくつか見たことがありましたが、
あの鍵盤をお一人で全て完全再現した方は初めて見ました…!
もちろん他のメンバーさんがたも、書きはじめたらキリがなくなっちゃいます!
コピーバンド経験者ならご存知かと思いますが、J-POPのコピーって下手なメタルバンドより
再現するのがずっと難しいんです。中の人がスタジオミュージシャンだったりするからですね。
でも、私(&こえださん)のなかではとにかく、Vo.ゆみこさんのMCが神懸りすぎて困っちゃいました。
ざわ・・・ってなってる観客の皆様をよそに爆笑する横柄な後輩で、ごめんなさい。修羅場。

【3、 スタイリッシュな犬】
べーさんご夫婦と、Gt.に末吉先輩、Ba.マーチュさんのバンド。
しげさんが付けたというこのバンド名について、MCで「言うほどスタイリッシュじゃない」との
発言がありましたが、めちゃくちゃスタイリッシュなギターロックでした!
今回出演のバンドさんのなかでは、良い意味でもっとも一般ウケしそうに思いました。
奥様めっちゃキュートだし、メンバーの男性陣全員が犬顔のイケメンだし。ってそういうこと!?
初めて聴く感じがしないのは、末吉先輩+マーチュさんという黄金コンビの心地よさに加えて
バンドさん自体にポップスのセンスが溢れてるからだな〜と思いました。
何より、べーさんのタイトなドラムはまったく7年間というブランクを感じさせません!
メタロックにもいつか是非ご出演いただきたいです(^-^)

【4、 グラインド帝王】
ベーシストとしてメタ子も出ました。大盛況ありがとうございましたー!
個人的な感想になってしまいますが、会社のストレスなどでかなり鬱憤が溜まっていたので
破壊衝動やら怒りやらをもう欲望の赴くままに爆発させてしまいました。
結果、覚えたコードは飛び、お聞き苦しいところばかりですいませ〜ん><
でも、バンドとしてのパフォーマンスは今年のグラインド帝王で1番だったんじゃないでしょうか!
尊敬する先輩方の前で中途半端なことはできない!という気概が、
律儀なMIDI SURFERのメンバー5人のなかに充満しておりましたので。
新曲「Brutal India」が思わぬ高評価をいただけて感無量です。
今度こそは「Agriculture of death」って曲が…できるんですかね?グラインドマスター!

【5、 オナ中】
結成10周年を迎えられた、超絶技巧派テクニカルお笑いバンド様です!
今回も腹がよじれるくらい笑わせていただきました。
「技巧で笑いを取る」ためには確かな技術力はもちろん、自信も人望もなくてはなりませんが
オナ中さんには全部あるなぁと改めて思いました。いいなぁ、私もほしいなぁ。
普通なら、10分にも及ぶソロ回しを延々とやられたらお客さんはキレたり飽きたりすると思いますが、
次々と繰り出される技とパフォーマンスの連続にもう笑うしかなくなってしまいます。
ギターソロを弾きながら客席に紛れるとか、ギターとキーボードでソロを両方やったのに歌うとかね!
そしてそんなTMNのお三方の後ろで楽しそうにドラムを叩いていたN浦さんは
「楽しいんちゃうで、あの3人を見てわろてんねんで」っておっしゃってましたけど。そら笑うわ!
オナ中さんは来月のメタロックでもトリでご出演いただきます。楽しみすぎる!!


以上、ちょっとやっつけ感漂うレポですが、ほんとにめちゃくちゃ楽しかったんだからっっ///

今回のイベント出演者のほとんど再登場するメタロックフェスティバルvol.4
12月18日@渋谷STAR LOUNGEで、17時スタート!
見られるチャンスはそうそうありませんので、次こそ絶対に見逃すんじゃないわよ!(^-^)
posted by メタ子 at 18:15| Comment(0) | 出演者情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

番外編インタビュー!イベント『東京裁判』

こんばんは!最近やけによく寝るメタ子です。
本当はI'll sleep when I'm deadくらいのつもりでいたいんだけど、どうしちゃったんでしょうね。

さておき、いよいよ開催が迫るイベント『東京裁判』!
まずはイベント詳細から!

2010年11月6日(土)
飯田橋Space With

OPEN 18:20
START 18:40
ENTRANCE FREE /DRINK \500

出演
18:40 A級戦犯ズ
19:20 浴びるほどに飲みたいの
20:00 スタイリッシュな犬と御徒町
20:40 グラインド帝王
21:20 オナ中

メタロックvol.4にもご出演いただくオナ中さん、前回ブログに登場のグラインド帝王はもちろん、
他にも「お会いしたこともないのに名前だけはよーく存じ上げてますー!」と土下座したくなるような
伝説の先輩方が続々と登場されます!ひえーっ。私、出ちゃっていいの。

主催の“燃えるお兄さん”こと、MMGロック番長のシゲさんにお話を伺いました!
だいぶお酒が入って楽しくなってらっしゃることを踏まえてどうぞー!


 東京裁判についてインタビューということで、よろしくお願いいたします!

 おう、おう!メタ子、東京裁判って知ってる?日本史は勉強したか?

 はい。最初にお伺いしたかったんですが、どうしてそのイベント名になったんでしょうか?

 俺が白洲次郎を読んでたから。
 東京裁判を許せない気持ちから、「お前、万引きするなー!」という魂をぶつける会です。
 次回は「ロス疑惑」っていうイベントになって、三浦知良とサイパンっていうバンドで出るからよろしく!


 それで「A級戦犯ズ」が出演するんですね。

 そう。ただ今回失敗したと思うのが、メタロックがあるっての知らなかったからさ〜。
 俺、調べてなくて失敗したな〜。かぶって出る奴がいると、かえってどっちも出れない奴とかいてさ。


 それはありますね。でも勢いがつくという意味では、ありがたいタイミングでの開催です!

 そう?そう?でも、オナ中を2ヶ月連続とかキモいじゃん。見てるこっちが疲れちゃうじゃん。

 オナ中は何回連続でも爆笑させて頂けるので、大丈夫ですよ。皆さんもそうだと思います。

 ほんっとに、ケンちゃん(※ペイン・ウィンドウおよびロンリーハーツのドラム)に声かけるべきだった。
 ケンちゃんごめんね!ケンちゃんごめん!


 ケンさんは、12月のメタロックで2バンドご出演ですよ。

 マジ?じゃあいいじゃん!

 それにしても、普通ならこんな何代にも渡っての世代間交流って無いと思うので、本当にありがたいです。

 そうだよ、俺らはポケモン知らないよ!

 下の代、後輩に慕われる秘訣って何でしょうか?

 秘訣はこれといって意識してないけどね。
 ただ、みんな自分のほうが後輩よりバカだと思ってるから。えばらない、偉そうにしないのがいい。
 T井とかは偉そうに見えて愛があったし、K藤君なんてN浦に20万くらいおごってるし。


 私もおごって頂いてるのは心当たりがあります。ちなみに、今回のイベント開催のきっかけは何ですか?

 完全に思いつき!
 いや、俺とやなちゃんと岸君でバンドやって、スタジオは入ってたんだけど、暇なんだよ、週末が。
 メタ子も仕事つまんねえだろ?


 クソつまんねっす。

 だろ?だから、仕事以外にもやっぱり何かないとっていう単純な思いつきだね。
 ジムとか〜、プールとか〜、英会話とか〜、あるでしょ?


 ジムとかプールとか英会話とか、ライブの主催とか良いですね。

 な。仕事以外に何かしようと思ってスケボーしたら、怪我したしさ。

 ライブなら大きな怪我ないですもんね。

 ないね、普通にやってるぶんには。思いつきと勢いでハコ予約しちゃえば出来るから!
 正直、30過ぎてブッキングのライブに応募するのも気が引けたっていうのもあるし(笑) 
 あ、でもベースは俺、昔より今のほうが上手いな。


 素晴らしいですね。どうして上手くなられたんでしょうか?

 天才だから。

 あっ。私もここ数週間、自分のこと天才だと思い込んでます。

 それは甘いな!俺なんて、20年くらい思い込んでるよ。

 やっぱり甘いですよね。すみません。

 いや〜だけど、メタ子も自分で全部やって本当エライよね!えらーいっ!えらい!

 やめてくださいよー。そのくだりはカットです。

 いや、書けよ!メタ子は行動力がある。エライ!

 恐縮です…。じゃあ、次回以降メタロックがあったら出演していただけますか?

 出たいよ、メタロックは!良いハコだもん!

 ハコの問題ですね!(笑)是非よろしくお願いします。最後に、読者の方に一言お願いします。
 
 無罪!


ありがとうございました!
さすが番長。ロックとは勢いである、そう思い知らされた秋葉原の夜。

死んだ魚の目をして通勤電車に揺られるサラリーマンの姿を毎日いやというほど目にしますが、
シゲさんを始めとする先輩方がどうして一人たりともそうなってないのか、少しわかった気がしました!
生でステージ見たらもっともっと思い知るだろうなぁ。楽しみ、楽しみ。

今週末、ジムとかプールとか英会話とかのついでにでも、ぜひお立ち寄りください(^-^)/
posted by メタ子 at 01:08| Comment(0) | 出演者情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

インタビュー第3弾!グラインド帝王編

あんな会社はナパームデスしてしまえ!の、メタ子です!
あれよあれよと11月になってしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか。

今回はメタロック界隈ではすっかりおなじみ、グラインド帝王の登場です。
個人的にこのバンド、なんつうロックな方々なんだと長年に渡ってファンなのですが、
実は私も今年5月からベーシストとして加入させて頂いております><

グラインド帝王は、12月18日のメタロックフェスvol.4の前に
11月6日(土)飯田橋Space Withにて行われる『東京裁判』というイベントにも出演!
2ヶ月連続のライブに向けて、邪悪なパワーとルサンチマンを充填している最中です。


それでは、『東京裁判』出演メンバーさんによるインタビューをどうぞ!
(Vo.Gucchan/Vo.&Cho.小枝/Gt.Wakachang/Dr.三木ペプシ/聞き手:Ba.メタ子)


 今回は、東京裁判とメタロックという2回のライブを意識したお話ということで、よろしくお願いします。

 G:よろしくお願いします。

 まず、今更のような質問で恐縮ですが、バンドのコンセプトはどのようなものでしょうか?

 G:名前がすべてを体現しているね。
 ※ちなみに、「グラインドコア」とはこういう音楽のことです(Wikipedia)


 音楽性と生き様がグラインドですものね。観ててもすごく伝わってきます。

 G:そうそう。

 結成は何年くらいでしたっけ?

 G:最初にグラインド帝王という名前でライブ演ったのは2003年だね。
 W:吉祥寺WARPだね。
 G:当時はスリーピースでやってたんだよ。俺とわかちゃんと三木ちゃんの3人で。


 今はコーラスにこえださんが加入し、ベースもピルクル君と私の2名の持ち回りになって、ずいぶん増えました。
 メンバーを増員している理由は?


 G:単純に、グラインドを3人でやるのはキツかった!(笑)
 M:ずれるし、ワケわかんなかったもんねー。
 W:ぐじゃぐじゃになってたね。
 G:うん、ぐじゃぐじゃだった。大事なところでオレの歌がいなくなって。


 今はぐじゃぐじゃじゃないですか?

 G:今もぐじゃぐじゃだね。

 良い意味でぐじゃぐじゃですよね(笑)
 今回は新曲を作りましたが、その曲について教えてください。


 G:明確なコンセプトがあって作りました。「今までにないグラインドを作る」っていうね。

 一緒にやらせて頂いてても、確かに「めちゃくちゃ新しい!」って感じがしてます。
 何かメッセージが込められた曲なんでしょうか?


 G:メッセージ性っていうのは無いね、グラインドだから無くてもいい。
 小枝さんがいる今のグラインド帝王の持ち味を、最大限に生かしてできる曲というコンセプトを一番意識したから。


 過去のライブでは、よく革ジャンをGucchanさんが振り回してらっしゃったのが印象的でした。
 回してる時ってどんな気持ちなんですか?


 G:革ジャン回してるときは、もう恍惚としてて…最高の気分のときだよね。

 最近あまり革ジャン回しを見てないのが、ちょっと寂しいです。

 G:確かに、最近ないよね〜!でも、今回はもしかしたら出るかもなぁ。
 前は安物の革ジャン着てたからやってたっていうのもあるけど、今は高いやつで。
 しかも貰い物だから、あんまり気軽に振り回せない。


 グラインド帝王ってそういうところ、すごく律儀ですよね。

 G:律儀だよ!
 W:うちのメンバー、公務員が2人だからね!


 そうなんですよね。それが誰と誰かってのは…

 M:ご想像にお任せ、ですね(笑)

 グラインド帝王の原動力って何でしょうか?

 G:やっぱり、ルサンチマンだろうね。日頃からメンバーそれぞれあると思うけど。
 W:俺はあんまり感情の起伏ないよ。
 全員:(笑)
 K:わかなくん、優しいもんねー。


 それなのにWakachangさんのギターは、どうしてあんなに邪悪な音が出るんでしょうか?

 W:邪悪な音が出る機材を使ってるから。普段から邪悪な音が出る機材しか使ってないね。

 小枝さんは、どういった経緯からグラインド帝王に加入されたんですか?

 K:んー、あたし、それ前にmixi日記に書いたことあったなぁ。
 なんかの憤りがあったんだよね、グラインド帝王に加入した理由。でも、今は覚えてない。


 さすが、グラインドに過去もクソもないですね。


 ※引用:小枝さんによるmixi日記

  タイトル「まさかとは思うが。」 2010年07月10日21:08 

  今、電車でしらないおじさんが席を譲ってくれました、小枝です、お久しぶりです。
  まさかとは思うのだが、間違われたのか、、、



  妊婦さんに?(・ω・;)


  まじで?(・ω・;) MA JI DE ? (・ω・;) 

  まじかよー( ;ω; )

  もうだめだ、ああ、なんだこの黒い感情は、、、


  ぐぉぉぉぉおおおおお!!!!



  と、いうのが、あたしがグラインドコアを聴くようになったきっかけです。かしこ。


 ※この日記に対する、Gucchanによるコメント
  2010年07月10日 21:24 
  
  漆黒ですな。深い憎悪、まさにナパームデス。



 それでは、今回のライブで一番の見所を教えて下さい!
 
 G:三木ちゃんの無呼吸ドラム。

 三木さん、あれいつも何秒くらい無呼吸なんですか?

 M:100秒くらい。止まりすぎて喉カラッカラになってるよ。

 喉以外にもっとツライ箇所あると思いますけど!かっこよすぎます。
 最後にGucchanさんから、ライブを見に来てくれるお客さんに一言お願いします。


 G:お前らが権力の犬になっていないか、俺が確かめてやる。


…自分がその場にいて、かつ現在自分でまとめていながら、ゾクゾク来ちゃう男気と丁寧さ!
そうそう、最近の“or Die”ブームにも、グラインド帝王が一役も二役も買っていますので
何なのかわからずに使っちゃってるキミは要チェックor Die!ですよ(^-^)

今週土曜はメタロックの前哨戦となるのか、はたまたメタロックが東京裁判のオマケなのか?
答えはその目で確かめろor Die!


それでは、今日はこのへんで!次回は「東京裁判」特集をお送りする予定です☆
posted by メタ子 at 03:21| Comment(0) | インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。