↑↑画像をクリックすると、申込みフォームが開きます。↑↑
ご予約の前には、こちらの記事もお読み下さい。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
メダロックフェスティバル2011 〜Play For Japan〜

2011年5月21日(土)@渋谷CHELSEA HOTEL
ENTRANCE FREE! (1Drink¥500 / 3Drinks¥1,000)

メタロックvol.5は、伝説のフェス「ギダロック」とコラボ!
出演バンド・タイムテーブルはこちら
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ハッピー・ライジング /MDR81

2010年10月29日

インタビュー第2弾!セクシーダイナマイツ編

「ぶるるるーっ、寒くなってきやがったぜ、もう春だってのによぅ…」
なーんて、かの有名な大槻ケンヂさんもおっしゃってますが、どっこい冬ですよね。
メタロックな皆様、風邪などひいておられませんでしょうか?
言うてる私が気管支炎になったりしていたため、更新が遅れて申し訳ございません!

前回に引き続き、メタロックフェスティバルvol.4出演者インタビュー。
今回は「セクシーダイナマイツ」さんにお話を伺ってまいりました!(私もメンバーなんだけどね!)

セクダイさんといえば、メタロック界隈では知る人ぞ知る伝説のギャルバン。
今はあの何ですか、女子高生が軽音楽部でキャーコラしている可愛いアニメの影響などで
女の子がバンドをやるってことはこれっぽっちも珍しくなくなりましたよね。
しかしセクダイさん結成当初の2002年当初は、ロックとはまだまだ男のものであり、
女は慎ましくお家を守るのが正しいと信じられていた時代だったんです。
娘がエレキなんて買ってこようもんなら勘当ですよ。それも実家がお寺の場合なんて尚更ね。

そんな冬の時代を乗り越えた、メスの中のメスバンドとは?
めくるめく女同士のカオスをご堪能あれ!

※編集の都合上、基本的にはMC・こえださんのお話を主軸に掲載させて頂きます。


 今回のバンドのコンセプトを教えてください。

 おにゃんこ!平成のおにゃんこです!
 総選挙で選ばれて、選抜メンバーの座を勝ち取りました。


 じゃあ他にも100人くらいいらっしゃって、秋葉原とかで踊ってらっしゃって、エーケー…

 いや、あくまでおにゃんこだし、バンドのコンセプトはネオクラシカルコミックバンドだよ。
 2002年にギャルバンが始まってからずっとそんな感じ。


 結成9年目なんですね。メタロック出演バンドの中でも、かなりのキャリアですよ。
 長年やってらした中で、一番の思い出を教えていただけますか?


 全員で無理して制服を着て頑張ったのに、
 その後に出てきたバンドが、男の先輩たちの女装バンドだったとき。
 あれは、もってかれたよ〜。そのバンドに全部もってかれたよね。
 でも、そのバンドにはT井さんって大先輩もいたから、文句も言えないしみたいな(笑)


 茉莉恵:K谷とかがいたやつだ(笑)

 そう、そのとき。それ見て、クソっ!と思って。女だって面白いことしてやる、って。
 次のライブで、当時アイドルって呼ばれてた女の子に、
 「なんてったってアイドル」をボーカルで歌ってもらったのね。
 それがドッカンドッカンうけたのが、一番心に残ってるかも。


 なるほど、先輩方から脈々と受け継がれた「うけたい欲」が、今のセクダイを作っていると。
 
 そう。そして全員でアイドルを目指すようになり、今にいたった。

 正直、私の世代だと、ギャルバンと言ったらゆみこさんのCrazy TrainのGtソロなんです。
 またアレが見られると思っていていいんでしょうか?


 わかんないけど、ゆみこの速弾きは衰えていませんって書いといて。

 ゆみこ:うわー、こえだ怖いわー。プレッシャーだわー。さすが鬼だわー。って書いといて。

 セクシーダイナマイツ自体は久しぶりにステージに立たれますよね。
 今回の再結成というか、再びメンバーさんを集めようと思われたきっかけってありましたか?


 それはぶっちゃけ、正直な話、(今年5月の)メタロックvol.3だよ!

 あたしは、実際ライブを見には行けなかったから、本番は映像で見たんだけど(笑)
 まわりのみんなが面白そうにバンドやってて、スタジオ入ったり、
 やべぇ練習しなきゃとか言ってるのが懐かしくて。
 まだ盛り上がれるんだって思ったら、あたしもまたやりたくなったんだよね。
 ぶっちゃけそれきっかけ!


 急にめちゃくちゃ良い話をし始めましたね!?

 うん、それで、うらやましい!ぎゃるばんやりたい!ってなって。
 再結成しようよってメールを、超おそるおそるみんなに送ってみたのね。
 そしたら、意外とみんなやる気満々で、びっくりしたよ!
 忙しかったら全然断ってねって感じで誘ったのに、全員OKしてくれて。フルメンバーかよ!って(笑)
 今回は都合つかない子たちも、次の機会があればみんな出る予定!


 ゆみこ:こえだ、珍しく嘘がないな。

 出演するのは本当ですよね?嘘ですか?

 出演はします。たぶん。

 ゆみこ:調停にならなければね…。

 あき:あ〜ちょっと家庭裁判所から呼び出しだわ〜って?

 シャレになってないですよ。書きづらくなるじゃないですか。

 ギロッポン:このインタビューって、嘘つかないほうが良かったの?

 全員:それ、このインタビューのオチだ!



以上、シェーキーズでの女子のおしゃべりなんか、私に巧くまとめられようはずもなかったのでした。

でもさ!でもさ!
こんなロック美人揃いのアタシタチと、メタロック以外のどこで出会えると思う?(^-^)
12月18日、渋谷STAR LOUNGEでお待ちしてますよ!



SBSH01671.JPG
写真左より(会員ナンバー:名前)
∞:ギロッポン/2784:メタ子/110:ゆみこ/801:あき/510:茉莉恵/1091:とっきー/02:こえだ
posted by メタ子 at 04:04| Comment(4) | インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

インタビュー第1弾!「愛という憎悪」ギタリスト編

こんにちワイルドハーツ!

昨晩の予告どおり、出演者インタビューをお届けします。
第1弾は、Thee Michelle Gun Elephantのコピーバンド・「愛という憎悪」のギタリスト…

SBSH01561.JPG この男だー!

人気者につき、混乱を避けるべくカムフラージュしてもらいました。
スーパーマ●エツの系列店で680円だったという帽子で顔を隠し、
枝豆を鼻につっこんでますが、本当はイラッとするほどイケメンです。イラッ☆

メタロック界隈では、一番の出世頭というか、なんというか。
出世魚でいうと今イナダがハマチになったくらいで、早くブリになるのを
みんなで楽しみに待っている段階なんですけどね!

というわけで(飲んだついでに)メタ子がお話を伺ってまいりましたん。
“嘘を嘘と見抜けない人には、このブログを利用するのは難しい”ということを踏まえてどうぞ(^-^)/


 お名前は?
 −もう中学生です。

 久々のコピーバンドですね。今どんなきもち?
 −4年ぶりとかだしね。スコアの読み方を勉強しなおします。TAB譜むずかしす!

 今回のメンバーさんとは、どういったご縁なの?
 −BURRN!のメン募に僕が応募しました。

 えーマジ、そうなんだ。
 −うん。へへっ

 今回、「愛という憎悪」でのご出演ですが、急逝されたアベフトシ氏に一言ありますか?
 −振り返らず錆びた風は続くだろう

 イイこと言うなぁ
 −アベー・ゴー♪

 ところで今ってお腹痛いですか?
 −あ、治りました、軟便気味のアレは(笑)でもまぁ今もたまに駅付近で探しますね。トイレを。

 お腹の薬といったら?
 −ういろうです。

 ういろうはちげぇよ(笑)
 −そうだし(笑)

 それじゃ、お尻は痛いですか?
 −ほぼ完治で、透き通るような青です。

 限りなく透明に近い?
 −ブルーだよ。

 もっともリスペクトするバンドを教えてください。
 −イアン・ギランバンド…あ、じゃなくてSODOMで!

 何か一言お願いします。
 −俺、エラが張ってきちゃいそうだからもうガムは噛みません。

 あなたにとってロックとは?
 −ピッキングハーモニクス。

 では、あなたにとってメタロックとは?
 −お礼参りとアウシュビッツかな。

 あなたにとってシドヴィシャスとは?
 −「ラベンダーの香り…卒業」って書いといて!


以上、お忙しいところありがとうございました。
彼が出演する“コピーバンド”を観られるのは、現時点この世でメタロックだけ。
12月18日@渋谷STAR LOUNGE、目撃すべし!
posted by メタ子 at 13:04| Comment(2) | インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

メタロックvol.4 タイムテーブル発表!

早速ですが、今年12月18日のメタロックフェスティバルvol.4について
最新情報をお伝えいたします!

メタロックフェスティバルvol.4

2010年12月18日(Sat)
渋谷STAR LOUNGE

OPEN/START 16:30/17:00
ENTRANCE FREE/Drink¥500


17:00〜 ペイン・ウィンドウ
17:35〜 グラインド帝王
18:10〜 セクシーダイナマイツ
18:45〜 ロンリーハーツ
19:20〜 愛という憎悪
19:55〜 オナ中


このメンツ!どや!凄いだろ!びびれびびれ!
往年のスターが大集結だぜ!
例えるなら、XとLUNA SEAとPIERROTとMALICE MIZERが
今になって対バンしちゃうみたいな話だぜ!


って言っても、メタロック初めましてな方には
バンド名だけでは凄さが伝わらないと思いますが…><

だってさぁ
5月のvol.3で会場にダメ人間ジャンプの嵐を巻き起こし
オーディエンスに衝撃を与えたあのペイン・ウィンドウが
今回トップで出てくるっていう異常事態ですよ。
そこだけ踏まえていただくだけでも、今回のメタロックは一味違うことが
ご想像に難くないんじゃないかな〜と思います(^-^)

各バンドさんについてのご紹介文(前にmixiで書いてたようなやつ)は
今回も追々ここで書いていこうと思っておりますので、お楽しみに。

それでは、今日はこのへんでーすめたる!
posted by メタ子 at 17:56| Comment(0) | メタロック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。